初期費用が安くすみます|安く滞在する最適な方法|最近人気のウィークリーマンションとは
マンション

安く滞在する最適な方法|最近人気のウィークリーマンションとは

初期費用が安くすみます

インテリア

アパートなど賃貸物件に住むときに、必要となるのは家賃だけではありません。契約の時に、敷金や礼金を払う必要があります。敷金とは、保証金と同じ意味で使われています。例えば、部屋を借りた人が家賃を払ってくれない時に大家は敷金から料金をとりますし、部屋を汚されたり壊された場合の修理代にもなります。何も問題がなかったら、退室するときに返してもらえます。一方、礼金は大家に対する「感謝」のお金なので、一度渡してしまうと返金されることはありません。アパートを借りる契約の時に、家賃の他に敷金や礼金が必要になるので、ある程度まとまったお金が必要です。今は、部屋を借りやすくするために敷金礼金なしといった物件も増えてきています。

礼金は古くからの慣習なので、大家が必要ないと思えば礼金なしとすることもでき、礼金のない物件も増えてきています。敷金の場合は、予め借りる人の人となりを把握することができない大家にとっての保証になるので、あまり敷金なしという物件はありません。ただ、借りる人の負担になるので、当然礼金敷金なしの物件の方が集客することができます。そのため、あまり借りる人がいない物件や周辺環境が良くない物件に敷金礼金なしというケースが多いです。なので、礼金敷金なしの物件を借りる際は、周辺環境を必ず確かめることが大切です。また、退室するときに部屋の修理代を請求される場合もあります。修理が必要ないように部屋をキレイに保っておくように心がけることが大切です。